歯にヤニがつく原因

ヤニは煙草が影響してついてしまいます。煙草の煙にはヤニの成分が含まれているのです。そのため、喫煙者の歯は黄ばんでいる人がほとんどでしょう。

煙草の主成分として含まれているのが、ニコチンとタールです。その中のタールには歯にこびりつきやすいヤニが含まれていて、タールが影響して歯はどんどん黄ばんでいきます。ちなみに、タールのせいでヤニがつくのは歯だけではありません。喫煙者の住んでいる部屋に行くと、白い壁でもどんどん黄色くこびりついてしまいます。これももちろんヤニのせいです。壁の色すら変色するくらい強い色なので、毎日至近距離でタールを浴び続けている歯はどんどん黄ばんでしまうのではないでしょうか。

煙草のせいで付着する黄ばみを、ヤニといいます。歯が黄ばむのはステインのせいだといわれていますが、ヤニはステインの一種です。ワイン、こうりゃ、緑茶などに含まれているタンニンの成分からなる黄ばみもステインの一種ですが、ヤニほど強くはありません。一度付着したヤニはたとえ禁煙をしたとしてもとれることはないので注意をしてください。

ホワイトニングジェルおすすめはこれ【歯を白くする方法】

歯のヤニ取りにはホワイトニングジェルがおすすめ

歯のヤニ、黄ばみ、ステインを取り除きたいのであればホワイトニングジェルがおすすめです。ドラッグストアにはホワイトニング効果のある商品や歯磨き粉が沢山売られていますが、そういった商品はそこまで効果が高くないのです。値段相応の効果しか実感できないと思ってよいでしょう。

その反面ホワイトニングジェルは、ホームホワイトニングとして販売されている商品です。歯科医院ではさまざまなホワイトニングが行われていますが、ホワイトニングジェルは歯科医院で処方してもらい自宅で行うタイプのホワイトニングです。即効性のあるオフィスホワイトニングよりは効果は落ちてしまいますが、費用がそこまで高くない、染みにくい、簡単に落ちる、そして歯に優しいなどのメリットがあるのでホワイトニングジェルがおすすめです。

歯にこびりついたヤニはなかなか落とせませんが、ホワイトニングジェルを続けることでどんどん白い歯へと近づくことが出来るでしょう。費用も月1万円以下なので低コストですし、最近は通販で買えるホワイトニングジェルも増えてきました。 歯を白くするホワイトニング 歯の黄ばみ解消 歯を白くするおすすめの歯磨き粉 歯を白くするホワイトニングジェル 歯を白くするクリーニング

更新履歴